新卒者じゃないけど、定年前の就活をしなければなりません


定年は、主人の定年です 65才まであと3年


年金だけでは生き方、生活の仕方をかえていかないと


成り立たなくなります。 小さなことから見直すとと、公共料金の節約です


それが一番手っ取り早い節約になります


若い時からいつも家計が苦しいと思ったらそこに注目していた気がするのです


いつの間にか、まっいいか、ちょっとくらいとか、これくらい他を節約して、、、


とか曖昧な考えで通り過ぎていたなと思います


その曖昧な性格が、家計を狂わせているのかもしれません



でもこの夏の暑さを考えるとエアコンはつけたい、そうなると


寝る時はエアコンは切る事や、すべての電気を、チックして


細かく切る事など 気を配らないとなりません


1か月30000円の電気代がかかったとすると


1日当たり1000円、家族4人で割ると一人頭、250円と言う事になる


ならば、電気代募金なるものを設置しようかと考えてみたりする


そんなこんなで、私も就職しないといけないなと思うのです


でも60代の何の資格もない私には、なかなか付ける仕事はありません


一通り探したところ、一番ありつけそうなのは、


清掃の仕事か交通整理の仕事でした


ちょっと前までお掃除の仕事をしていましたが、元々悪かった膝が


動かなくなったり、週2回の仕事だったのに、仕事に出たら次の仕事の日までに


なんとか、やっと回復して仕事に行くと言った具合で続きませんでした



少々の事は我慢しないといけないのですが、身体がついていけないのは


やっぱり無理ですね。


室内で階段昇り降りのない掃除を探したり、やったことがない事にも


トライしてみないとな、、なんて思っています


苦あれば楽あり、そのまた逆も然りで  必ず自分のためになる、そして


見つかると信じて、長い目で就活に励もうと思っています