先日、とあるテレビ番組で、パートナーに染まる派か?否か?


を討論していました


実際、どうなんでしょうか?どちらが多いのでしょう


私の恋愛時代でも賛否両論ありましたが、染まることが出来る


事柄と出来ない事柄がありますよね


例えば、洋服の好みなどは、着たくないものは相手に染まりたくても


染まれない、とか食べ物の好みで辛いものが好きな人とそうでない人


それは、染まれないのではないでしょうか?


私は個人的にはパートナーに染まるタイプです


主人は染まらないタイプだと思います、でも染まろうとしてくれたのかも


しれないと今では思います。でも、ダメだったんでしょう


現実には染まっていませんし、それどころか年をとって


融通が利かなくなってきたところもあり、変に意固地になります


染まる染まらないは、本人次第で、染まりたければ、努力して近づこうと


するでしょうし、私的には、染まらなくても、努力してくれることに愛情を感じます



このテレビで話していたことは、染まろうとする?ではなく、自然と染まる


或いは染まってしまう、、的な事を言っていたと思いますが



パートナーに染まるのもいいし、又染まらない事も大切な事もありますよね



結婚前は自分たちの趣味嗜好に関してだけで、染まる染まらない、で済みますが


結婚したら、子供の教育についてとか、嫁、姑について、など色々複雑な問題が


浮上してきます。


楽しい事ばかりではなく、試練となる事も多く、そうなってくると


染まれるならば、染まった方が楽しくなるのかな、と思いました


人によっては染まる人が嫌い、自分のまねや合わせないで、


自分を持っている人がいい という人もいますから、


パートナーがお互いの気持ちを、受け入れる事が出来るのが


一番良いのではないでしょうか