1年に1回、人間ドックに行くようにしています


特別な事検査をするわけではなくて、半日で終わる、基本の検査+2つのオプションくらいです


結果は3週間後ですが、その場でわかる検査もあるわけで


身長は変わらないくせに(もう伸びることはない)、ここ15年くらい増え続けていた体重が、


今年は減っていました、昨年の人間ドックの時より4㎏もです


ドックの前日に久々に体重計に乗ってみた時にも、ちょっと減ったなと


思いましたが体重計が壊れているのだろうと思っていました


いくら4㎏減ってもまだ肥満のクラスなんですが


何もしていないのに減るというのが不思議でした


以前は食事制限をしたり、運動したり、サプリを飲んだり


色んなことをしましたが、減ることはなく


人より食べるわけでもないのに、どちらかというと小食なほうで、


お酒ものみませんし、ぶくぶく太り続けるのも何故だろうかと


思っていました。これが中年太りというものなのか、、と思ったり


このまま減り続けて標準体重まで落ちますことを願っています


あまりキツイこともしないで自然と


聴力検査では、一通り係りの人が使い方を説明してくれますので、うなずきながら


言われたままヘッドフォンをつけて開始しました


ところが、突然わからなくなりました


音が聞こえたらボタンを押すのか?


音が聞こえたらボタンを離すのか?



係りの人が言った言葉を思い出そうとしているうちに、検査はもう始まっていて


超音波の密室の外から「ビービービービー」と鳴り響く音が聞こえてきました


こりゃ私がボタンを押してない為だとすぐわかり、密室のガラス窓から手を振り


ドンドン叩いて気づいてもらってやり直し。


まさか言われた事を即、その場で、どっちだったかな?なんて


人間ドックに行く目的は、悪くなっている所や、老化しているところなど発見し


早期発見、早期治療に努めるためですが、今まで精密検査を要します


と言う結果が出ても、再検査には行ったことがなく、なんのための


人間ドックなんだと、つくづく思います


こんな風だと行く意味がないです


今回のように検査自体や結果も大事ですが、検査するために言われたことを


忘れてしまうなど、その辺が出来なければ


検査自体がが出来ない状態になっていくってことだよな、と思いました


今回の人間ドックでは、今まで考えたこともない、ごく普通の


さりげない行動に自分の変化を感じました