style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5800430136803393"
data-ad-slot="8137245265"
data-ad-format="auto">


先日、買い物から帰ってみるとリビングで


主人が YouTube をみていました


彼が you tube を見るときは、決まってハードロックです


おとなしい彼が、口数が少ない彼が、ハードロック?って感じです


約50年前、初めて聴いて今までずっと、変わらず好きだそうです


Deep Purple、 Pink Floyd、Cream、など


聴いていると何かわからないけど、血が騒ぐそうです。


主人も私も40年くらい前バンドを組んで演奏していました。


そのせいでしょうか、確かに身体ごとリズムをきざみだし


私も、気持ちは20代に戻ります


しかしながら、ブランクが長過ぎて、身体が思うように動きません


それでも楽しい方が勝って主人は、雄弁になり


見違えるようにイキイキして


イアンギランがどうのリッチブラックモアがどうの


と始まります。私はそれ程詳しくはないのですが


何度も聞かされているので何となく覚えてしまいました


音楽ってすごい力があるのだなと思いました


私も、昔よく耳にした歌を聴くと何十年も前の歌なのに


スラスラと歌詞がでてきてうたえるのです


普段は、あれ、とかそれとか、必要な言葉がでてこないのに


不思議です。最近テレビで見たのですが


病気で失語症になった人の治療の1つとして


昔、好きだった歌を聴く、又は歌うという事をしているのを


見た事があります。なるほどな、と思いました。


主人は、失語症ではないけれど、


好きだったバンドの曲を聴く事で、気持ちが明るくなり


快活になって失っていた気持ちを、取り戻していたのかもしれません。


当時を思い出すと、目先の不安や、憂鬱はあっても、何も怖くはなかった


様な気がします。年を重ねてきてきて、説明のつかない湧き上がる


清々しい気持ちを失っていたのかもしれません。


私は昨年から、ドラムの練習を始めたいと思って


時々やっていました。今度は主人も誘ってみようかな



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5800430136803393"
data-ad-slot="8137245265"
data-ad-format="auto">