style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5800430136803393"
data-ad-slot="8137245265"
data-ad-format="auto">


3才になる孫が話す言葉がとても面白いんです


男の子⇒おとあのこ

食べる⇒ぱえる

カルピス⇒カルプス

病院⇒ぼういん

びっくりした⇒ぶっくりした

おたまじゃくし⇒おーたまだくし

はずかしい⇒はかかしい

寝っ転がりたい⇒ねこかいたい

タブレット⇒かるぺっと

などまだほかにも多々ありますが

3才の孫との会話で、理解できずに首をかしげる事が


たくさんあり、話が続きませんでしたが、ママから解説をうけて


語録にまとめたら、納得でした


この子のママは私の娘で、やはり3才ごろに


食べるを「ぱいる」と言っていました


いつの日か、この言葉は何もなかったかのように


消え去ってしまうのです


そう思うととても貴重な今だと思うのです


この言葉をしゃべっている時に映像に残して


私の宝物にしたいと思っています


自分の子供の記録にはこんな姿は残ってなく


その時を共に過ごした者たちの頭の中の


記憶に残っているだけです。


娘が「ぱいる」という言葉を話している時、その傍らで


ついこの間亡くなった妹が微笑んでいた姿を思い出します


小さい子の一時期のこの言葉は人の心を和ませくれます





style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5800430136803393"
data-ad-slot="8137245265"
data-ad-format="auto">