アメリカ、イギリスの合作映画で「いつか晴れた日に」という映画があります、


エマトンプソン、ヒューグラント、アランリックマン、ケイトウィンストンなど


有名俳優の若いころがみられます


私はヒューグラントのファンで、彼の作品のなかでも


この映画は、何度も何度も観ました



舞台は、19世紀初頭のイギリスの片田舎 


貴族の父を亡くしたところから始まりますが


当時のイギリスでは財産は、亡くなった家の男の人が継ぐ


という事で、残された妻と3人の娘たちはお金に振り回され、苦悩する


事になり、しかもその当時女性は、仕事も許されていなかった模様



どうやって生きてゆくのでしょう


素敵な恋愛や、人をすきになっても


結婚はできない、お金のない娘は、男性側の親が認めず


悲しい結末をむかえる事になる、それでも誠実に生きている


物語だし、映画だし、と思っても何度も観てしまう、


そのひとつは出演者がいいからと言う事もある


配役にぴったりの役者?


役者が上手なのか?


まあそんな感じで、何かわからないけど


惹かれる映画ってありますよね。


それは心が何かを求めているような気がするのです


何度も何度も観てしまう映画は、私が観たいから観る訳ですが、



説明のつかない理由があるような気がしてならないのです



その内容は、いつしか私の生きる想いに変わり、次に



その想いは、いつか生き方に変わる



この想い⇒生き方⇒人生⇒運命



こんな構図になり、想いを抱くことは最後には、運命になる



この想いは、なんにでも変わります


だから出来るだけ良い想いを抱くようにします



他人から嫌味を言われることや、身近な夫から冷たい言葉をはかれる事や



直接自分がされたことではなくても


孫がお友達から、冷たい愛のない事をされたりすると


自分の心がじんじんと痛みます



けれども、相手を恨んだり、何故だと問うたり


するよりは、自分がよい想いを抱く事の方が


確実に運命は良い方向に向く事になるのではないでしょうか


地位も財産もなく、今後年金も期待できない、


終の棲家も決まってない、身体も弱っていく、


それでも、共に笑って生きるそんな未来を想像して


素敵な想いを抱きます



そして、人生が良い方向に向いて進む体験していきたい



必ず出来る! そういう気持ちが湧いてきます


映画って面白いですね