先日、年金受給が延期されるという ニュースをききました


65才からの受給が75才になると言うのです


あと3年と思っていたのがあと13年待たなくてはならない


後3年で年金生活に入る予定でしたが、あと13年、、、


私はあと15年待つことになり 働き続けなければならない。


少ないけれど二人合わせて何とか生き延びることが


出来る予定だったのが、まだまだ働き続けなくてはいけなくなる


職場での人間関係のストレスのせいで、いつも余裕がなく


イライラしていて、そのくらい許せるでしょうと思う事まで


許せず、眉間にしわよせて日々過ごしている主人を



ある時はなだめたり、ある時はスルーしたり


私も振り回される毎日から早く解放されたいと


願って、定年までを指折り数えていたのです


また、主人が定年したら、私も家事の一部を定年しようと


密かに考えておりました


掃除、洗濯はきっと続けるでしょうが、夕方からでも出かける事や、


孫の所に遊びに行ったら その日は泊まって、次の日ゆっくり


自分のペースで帰宅するなど


今、主人のペースで配分している私の時間を


自分のペースで使うように変えていこうと思って


少しワクワクしていました



それが、年金受給開始が10年も延びたら、すべての予定が



くずれていきます  どっと、疲れがでてきました 


ゆっくり過ごす時間がなくなり、そのうち身体が弱って、


遠出も出来なくなったり


食べたいものも減り、遊びたい事もなくなり、、、



遠すぎると未来も考えられないし、頑張る気持ちがわいてこない


死んだら、死亡税なるものが発生する計画もあるらしい


死亡税は、ひとりにつきどのくらい徴収されるなだろう


生前の収入に準ずる事になるのだろうか


こんな世の中になるとは、思ってもみなかった


嘆いても叫んでも、いづれこんな世の中が


やってくるのだろう


この上 夫婦仲が良くないとなると


ほんとにつまらない老後、人生の締めが待っている事になる


そんな中でも 自分で出来ることは 


嘘でもいいから笑う事しかない気がする



「笑う門には福来る」と言いますから


そのうち本当に笑えるようになると信じて


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5800430136803393"
data-ad-slot="8137245265"
data-ad-format="auto">