そろそろ8月の夏休みの計画をたてる時期になりました


昨年は、父の初盆で実家へ帰省しました


子供や孫も参加しての大移動になりましたが、思い出に残る


楽しい旅でもありました


今年も義母の顔を見に帰省したいのですが


大人数で泊まるには、ホテルがうまくいきません


値段が高いとか、空きが足りなかったりと…..


一軒家を短期で借りられるところがあればいいのにな


と思います。シェアホテルは安くていいのですが


小さな子連れにはちょっとね、気を遣いますしね



50年ほど前の夏休みは、お盆の3日間を除いて、


毎日ラジオ体操があり7/21~8/31まですーっと


おやすみだったような気がしますが


今時の小学生は、夏休みに入って課外授業みたいなのが 8月のはじめまであり



2週間ほど休みが続いてまた8/23くらいから課外授業みたいなのが


あったりと忙しい事です



学校によって違うのでしょうが…



仕事をしている親にとってはそのシステムは



ありがたいでしょうね



昔は共働きの家庭はどうしていたのでしょう



おじいちゃん、おばあちゃんが一緒に暮らしているとか


または、近くに住んでいるとか、だったのでしょうか


私の子供の頃の夏休みというと


みんな、おじいちゃん、おばあちゃんの住む



田舎に帰るという友達が多く、周りからいなくなるので



なんとなくさみしかったのを覚えています



私は、おばあちゃんが一緒に住んでいて


いわゆる本家って事で、親戚が帰省してくるのを


受け入れる方の立場でしたから、



特にお盆は大忙しで、にぎやかで楽しいような


でも母親が忙しいので相手にしてくれなくてさみしいような…



小学生の頃の夏休みのおもいでは、そんな感じでした



お盆に帰省を兼ねて旅ができるのは、贅沢で、ありがたい環境だな



とつくずく思います




style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5800430136803393"
data-ad-slot="8137245265"
data-ad-format="auto">