我が家のTVチャンネル権は、断然主人が1番です。

私は、お笑いトーク番組が好きですが、主人がいる時は、100%見ることはできません。


何故なら、過去に言われたのです。


お笑いトークショウを見ながら、大笑いしていたところ、


お前は、こんな番組みて、本気でそんな馬鹿笑いしよるんか!」


「趣味を疑う」 「俺の前では、こんな番組を見るな」 と


文章にすると大したことないんですが、


その時は、実に恐ろしくて、


口調が本当にきつくて、信じられない、なんか別人みたいに感じました


そのすぐ後に、私は主人に怒りを覚えました。


それ以来、一切みていませんでした。


10年以上前の出来事です。


そのあと単身赴任で5年間一緒に暮らしてないのに、その間もなぜか、見ていないのです。


大っ嫌いになりました、主人の事。その言葉が頭から消えないのです


それでも離れていたからでしょうか、自然とその気持ちは薄れていきましが


忘れているつもりでも、見ないと言うのは、どこか引っかかっていたのでしょう


こんな些細な事で、夫婦の仲はギクシャクしていくものですね


信頼を失うのは一瞬だが、築くのは時間がかかる  といいますが、まさに


その通りです。たった1回の暴言が、よい思い出の全てを消してしまいました。


暴力を振るう夫よりいいでしょう  と言う人がいますが、暴言は、歴とした口暴力です。


私達の夫婦喧嘩の原因は、いつもこれです。


主人に悪態をつかせる妻だったのでしょうか?


それもあるかもしれません。


私の事を、ほんとに嫌いなんだなと痛感して悲しくなりました


そして私は、人として自信をなくしました。


2年くらい前に、子供が「お母さん、久しぶりに~の番組があるよー」


私は「お父さんがいるから見ないよ」と言うと


主人が「えっ?、なんで?見ればいいたい」と言うではないか!


以前あなたが 見るな!と言ったじゃないと言うと


そんな事言った?  ほんと?  全然覚えてないと言う。

 
はぁ?・・・何それ・・・じゃなぜあんな事言ったの?ときいたら



いやぁ、そんな事言ったおぼえないもんねぇ、悪かったねぇ、と言うではないか



忘れただけで、その時は本気で言ったと思います。


主人は、自分でも忘れたいほど、嫌な自分だったのかもしれない、



人は、忘れたい事、認めたくない事、などが強烈な時、なかったことにしてしまう事が


あるそうです。それと一緒なのかな、と思いました


年を重ねていく中で、ポツポツと、よくない事は忘れていくのかもしれません


でも、よい思い出は忘れないでいたい・